注文内容確認書を作成する

注文の「ステータス」とは?

受注状況には、7種類のステータスがあります。
メニュー「取引」 → 「受注管理」の「受注一覧」に表示しています。

ステータスの種類

  1. 注文内容確認書を作成して下さい
    受注後、まだ注文内容確認書を作成していない状態。
  2. 注文内容確認書_作成済
    注文内容確認書は作成したが、バイヤーが承認(確定)していない状態
    (注文内容確認書の承認、注文のキャンセルが可能)
  3. 注文内容確認書_承認済
    注文内容確認書をバイヤーが承認したが、メーカーが最終承認をしていない状態
    (注文内容確認書の承認、注文のキャンセルが可能)
  4. 注文内容確認書を確定しました
    注文内容確認書がバイヤーに承認され、受注が確定した状態(キャンセル、修正は不可)
    納品機能が使用できます。
  5. 注文内容確認書を確定しました(未納品SKU作成済み)
    受注製品が未納品リストに移動して、納品書が作成できる状態
  6. 注文内容確認書を更新してください
    何らかの理由により、注文内容確認書を更新する必要がある状態
  7. 注文を拒否
    注文を拒否した状態。再編集、取り消し不可。

注文内容確認書を作成する前にできる受注処理

操作可能な注文ステータス

「注文内容確認書を作成して下さい」

 

「取引 > 受注管理」を選択します。

 

赤い文字のステータスは、注文内容確認書が未作成、もしくはバイヤーが「否認」した注文です。

  • 注文内容確認書を作成して下さい → 未作成
  • 注文内容確認書を更新してください → 否認

① 「詳細」
注文詳細を確認します。

② 「注文内容確認書の作成」
注文内容確認書の作成画面を開きます。

 

①詳細をクリックした画面にて、下記の各種操作ボタンが用意されています。

「注文内容確認書の作成」
注文内容確認書を作成します。注文内容確認書を作成する

「価格の編集」
注文商品の価格を修正します。現在は上代価格のみ変更できます。

「注文を拒否する」
注文をキャンセルします。取り消し不可。

「注文をカートに差し戻す」
注文をバイヤーのカートに戻したい場合、ここをクリックしてください。バイヤーに注文を差し戻す

「社内メモを編集する」
社内メモを編集、または追加します。

「住所を編集する」
バイヤーの納品先、請求先の住所を編集します。

「デポジット条件を編集する」
デポジット条件を編集します。

「注文PDFをダウンロード」
注文明細PDFをダウンロードします。

「注文カタログPDFをダウンロード」
注文した製品のみを抽出したカタログ(ラインシート・スワッチ)PDFをダウンロードします。
 

注文内容確認書を作成する(動画)

注文内容確認書を作成する

操作可能な注文ステータス

「注文内容確認書を作成して下さい」

 

「取引 > 受注管理」を選択します。

 

「注文内容確認書の作成」をクリックします。
赤い文字のステータス「注文内容確認書を作成して下さい」の注文に対して操作が可能です。

 

① 「バイヤーへの通知送信設定」
バイヤーに通知する場合「有効」にチェックします。
「有効」にした場合、メール本文を入力します。

 

② 「バイヤーによる「注文内容確認書」の承認を許可する」
有効にすると、バイヤーの「注文内容確認書」の承認が必要になります。

 

③ 「コメント」
バイヤーが注文確認書のリンク先にアクセスした際に閲覧可能なコメントを入力します。

 

④ 「PDFに記載するコメント」
注文内容確認書の作成と同時に作成される注文内容確認書PDFの最後ページにコメントを入れる場合、内容を入力します。
(取引条件に関わる注意点など)

 

⑤ 「PDFに記載するコメント(文字数制限あり)」
注文内容確認書の作成と同時に作成される注文内容確認書PDFの最後ページにコメントを入れる場合、内容を入力します。(200文字以内)

 

⑥ 「取引条件」
掛け率取引の掛け率を変更します。変更がない場合はそのままにします。

 

⑦ 「税を適用」
適用する税を選択します。

 

⑧ 「注文内容」
バイヤーからの注文内容に変更があれば、適宜変更を加えることが可能です。

 

⑨ 「製品を追加」
注文に含まれない製品を選択して追加します。
(バイヤーの追加希望がある場合など)

 

⑩ 「次へ」
①~⑪の設定が完了したら「次へ」をクリックします。

 

「作成」
プレビューを確認して「作成」をクリックします。
注文内容確認書を作成します。
修正を行う場合は、「戻る」を選択してください。

注文内容確認書を作成した後にできる受注処理

バイヤーが注文内容確認書をDEXTREで承認していない状態のとき、メーカーが行える操作です。

操作可能な注文ステータス

「注文内容確認書_作成済」

 

行える操作は下記の通りです。

注文内容確認書の更新・・・注文内容確認書の内容を変更したい場合、変更できます。

注文内容確認書を確定する・・・バイヤーからメールや電話等で承認を得た場合、強制承認を実行します。

※ 強制承認を実行した後は、注文内容確認書の修正・更新・キャンセルなど手戻りができなくなります。ご注意ください。

 

① 「注文内容確認書の更新」
注文内容確認書の内容を変更します。
 

② 「請求書を直接作成する」
注文内容で請求書を作成します。
 

③ 「注文内容確認書を確定する」
注文内容確認書を確定し、ステータスを変更します。
 

④ 「注文を拒否する」
注文をキャンセルします。実行すると取り消しできません。
 

⑤ 「注文をカートに差し戻す」
注文をバイヤーのカートに差し戻します。バイヤーに注文を差し戻す
 

⑥ 「社内メモを編集する」
社内メモを編集、または追加します。
 

⑦ 「住所を編集する」
注文時の住所等を変更します。
 

⑧ 「デポジット条件を編集する」
注文時のデポジット条件を変更します。
 

⑨ 「注文内容確認書PDFダウンロード」
注文内容確認書PDFをダウンロードします。
注文内容確認書発行後の受注データです。
 

⑩ 「注文内容確認書カタログPDFダウンロード」
注文内容確認書カタログPDFをダウンロードします。
注文内容確認書発行後の受注データです。
 

⑪ 「注文PDFをダウンロード」
注文PDFをダウンロードします。
注文内容確認書発行前の受注データです。
 

⑫ 「注文カタログPDFをダウンロード」
注文カタログPDFをダウンロードします。
注文内容確認書発行前の受注データです。

注文内容確認書を確定する

注文内容確認書を確定すると、納品書の作成が可能になります。

注文内容確認書を確定は次の2点、どちらかが必要です。

  • バイヤーが「注文内容確認書」を承認する
  • 注文一覧から「注文内容確認書を確定する」を実行する

注文内容確認書を確定する

「取引 > 受注管理」を選択します。

 

注文内容確認書を確定する注文を選んで、「詳細」をクリックします。

 

注文内容確認書が承認されていない場合、「注文内容確認書を確定する」をクリックします。

 

承認」を選択します。
まだ確定しない場合「キャンセル」をクリックします。

確定した注文内容確認書を編集する

製品の減産など、注文内容確認書を確定した後に変更が起きた場合、編集可能な状態に戻すことができます。

操作可能な注文ステータス

「注文内容確認書を確定しました」

「取引 > 受注管理」を選択します。

 

注文内容確認書を編集する注文を選んで、「詳細」をクリックします。

 

「注文内容確認書を編集可能にする」をクリックします。

 

 「バイヤーへの通知送信設定」
バイヤーに通知する場合「有効」にチェックします。

② 「メール本文」
「有効」にした場合、メール本文を入力します。

③ 「更新」
①~②の設定が完了したら、「更新」をクリックします。

注文をキャンセルする

未納品SKUリストを作成していない場合に限り、注文のキャンセルが可能です。

未納品SKUリストについては下記をご確認ください。
未納品SKUリストを作成する(マニュアル)

キャンセルする注文を選んで「詳細」をクリックします。

 

「注文を拒否する」をクリックします。

 

「バイヤーへの通知送信設定」
バイヤーに通知する場合「有効」にチェックします。

② 「メール本文」
「有効」にした場合、メール本文を入力します。

③ 「拒否する」
①~②の設定が完了したら、「拒否する」をクリックします。

 

複数件の一括キャンセルは注文を一括で拒否する(マニュアル)をご覧ください。

注文をアーカイブする

操作可能な注文ステータス

  • 注文拒否 (メーカーによるキャンセル)
  • 注文キャンセル (バイヤーによるキャンセル)
  • 注文をカートに差し戻し済み

 

注文をアーカイブする

「取引 > 受注管理」を選択します。

 

① 「ステータス」
検索の「ステータス」から、アーカイブにするステータスを選択します。

② アーカイブにする注文にチェックを入れます。

③ 「注文を一括アーカイブする」をクリックします。

「アーカイブ」をクリックします。
操作を中断する場合はキャンセルをクリックします。
※一度アーカイブした注文は再表示することができません。ご注意ください。