インコタームズのFOB、FCA、FAS、CIFの違い 海上輸送の貿易条件【図解あり】

インコタームズのFOB、FCA、FAS、CIFの違い 海上輸送の貿易条件【図解あり】

国際貿易において必須ともいえるのがインコタームズに基づく貿易条件の取り決めです。

インコタームズの各条件の中でも、特に海上輸送でよく使われるFOBと、その派生形と言えるFAS、FCAについて解説します。

卸売、商社、メーカー向け
クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)

国内取引、輸出取引を取引先ごとの価格、条件でオンライン受注。在庫、納品、請求、入金までひとつながりに管理できます。
貿易書類の発行もかんたん、多言語多通貨対応です。
主な機能 一覧   導入事例

インコタームズとは

インコタームズ(Incoterms=International Commercial Terms)とは、国際貿易において発生する費用負担(運賃や保険料、関税など)と危険負担(事故等による商品の損壊や紛失リスク)を売主と買主のどちらが、どこまで負担するのかを明確にするために用いられる国際基準です。

 

国ごとの商習慣の違いから生じる誤解やトラブルを防ぐため、国際商業会議所(ICC)によって1936年に初めて制定されました。
インコタームズに法的効力はありませんが、双方で誤解なく、スピーディーに交渉を進めるためには非常に便利な基準として、ほとんどの取引の条件がインコタームズに沿った形で取り決められています。

 

インコタームズは4つのグループに分けられる

CFR(Cost and Freight/運賃込み条件)

現在、最新版として利用されているインコタームズ2020には11種類の条件が設定されています。

各条件は、それぞれDDP、EXW、FOBというようにアルファベット3文字で表記します。

 

インコタームズの11条件はそれぞれの特徴ごとに。4つのグループに分けることができます。

  • Eグループ  費用負担・危険負担を買主側で引き受ける。「EXW」
  • Dグループ  費用負担・危険負担を売主側で引き受ける。「DDP」「DAP」「DPU」
  • Fグループ  費用負担・危険負担が売主→買主へ同じタイミングで切り替わる。「FOB」「FCA」「FAS」
  • Cグループ  費用負担・危険負担が売主→買主へとそれぞれ違うタイミングで切り替わる。「CIF」「CFR」「CIP」「CPT」

 

また、インコタームズの各条件は全ての輸送形態に適用できるものと、海上輸送にのみ適用できるものに分けられます。

  • 全ての輸送形態に適用可能  「EXW」「FCA」「CPT」「CIP」「DAP」「DPU」「DDP」
  • 海上輸送にのみ適用可能  「FOB」「FAS」「CFR」「CIF」

 

それでは、Fグループのインコタームズ「FOB」「FCA」「FAS」について、また「CIF」との違いを掘り下げて見ていきましょう。

 

FOB

FOB

FOBは「Free on Board」の頭文字をとった名称です。「本船渡し」と呼ばれます。

海上貿易において古くから行われていた商習慣に基づく条件であり、現在でも最もメジャーな取引条件のひとつとして幅広く使われています。

 

売主のコストとリスク
  • 梱包
  • 貨物を港まで運ぶ運送料、保険料
  • 船への荷の積込み
  • 輸出に伴う通関業務
    など
買主のコストとリスク
  • 海上輸送にかかる費用
  • 海上保険料
  • 輸入に伴う通関業務
  • 関税・消費税の支払い
    など

 

FOBでは、貨物を船に積みこむまでの費用負担と危険負担を売主側で負担します。

貨物が本船に置かれた時点でコストとリスクが売主から買主へと切り替わり、それ以降の費用負担と危険負担は買主側で負担することになります。

 

 

FOBとCIFとの違い

FOBとCIFとの違い

国際取引で取り決められる機会が多いFOBですが、FOBと並んでよく使われる条件に「CIF」があります。

CIFは「Cost Insurance and Freight」の頭文字をとった貿易条件で、「運賃保険料込み条件」と呼ばれます。

 

売主のコストとリスク
  • 梱包
  • 貨物を港まで運ぶ運送料、保険料
  • 船への荷の積込み
  • 輸出に伴う通関業務
  • 海上輸送にかかる費用
  • 海上保険料
    など
買主のコストとリスク
  • 輸入に伴う通関業務
  • 関税・消費税の支払い
    など

 

CIFだと、FOBで買主が負担した費用のうち、「海上輸送にかかる費用」と「海上保険料」を売主側で負担することになります。

 

ざっくり分けると、「FOB=買主側の負担が大きい取引条件」「CIF=売主側の負担が大きい取引条件」ということができます。

 

FCA

FCA

FCAは「Free Carrier」を略した名称です。「運送人渡し」と呼ばれています。

 

FCAは、売主が担う費用負担・危険負担は、買主が指定した運送人に貨物を引き渡すまでで、あとは全て買主の責任となります。

FOBよりも早い段階で責任が売主から買主へと切り替わるところがポイントです。

 

FCAはコンテナ輸送を想定して設定された条件です。
より具体的にいうならば、コンテナヤード(CY)内での危険負担について明確化したインコタームズだといえます。

 

コンテナ輸送の場合、荷物は売主から買主指定の運送人へと引き渡された後、一旦コンテナヤードにて保管されることになります。

もしもコンテナヤード内で何らかのトラブルが起こり、貨物が損傷を受けた場合、FOBだと貨物がまだ船に積まれていないため、条件上はその責任を売主がとることになります。

 

ですが、コンテナ輸送に関しては「コンテナヤード内のリスク管理は買主側で行う」という考え方が慣習としてあったために、相互の誤解をなくす目的でFCAが設定されました。
ICCでは、コンテナ輸送にはFOBではなくFCAを使うことを推奨しています。

 

とはいえ、長年の慣習からかコンテナ輸送であってもFOBが使われるケースも少なくありません。
コンテナ輸送でFOBでの取引を相手側からリクエストされた際には、コンテナヤード内の危険負担をどちらが担うのかを事前に明確にしておきましょう。

 

FAS

FAS

FASは「Free Alongside Ship」の頭文字をとった条件です。「船側渡し」と呼ばれています。

大型の貨物や木材などを船備え付けのクレーン等で積み込むような場合に採用される条件です。

 

FASは、貨物が船側に置かれた時点で費用負担と危険負担が売主から買主へと切り替わります。
積み込みについての責任を売主側で担う必要はありません。

 

ここで言う「船側」はインコタームズ2020では「本船の荷役装置が届く範囲」と規定されています。具体的には埠頭や艀(はしけ)などがこの船側に該当するケースが多いです。

Fグループの中では限定的なケースに対応した条件であり、FOBやFCAに比べると使われる機会はそれほど多くありません。

 

 

まとめ

インコタームズのFグループの中でも、特にFOBは海上運送において頻繁に利用されるため、貿易実務においてはまずは覚えておきたい取引条件です。

 

インコタームズは種類が多く、一見ややこしいようにも思われますが、各条件の内容自体はそれほど難しいものでもありません。まずはそれぞれの取引条件の内容を把握し、インコタームズに慣れることが貿易事務の第一歩と言えるでしょう。

 

DEXTREはインコタームズ2020に対応した輸出管理ができます

しかし、インコタームズの違いをしっかりと理解していても、各条件ごとの取引や価格の管理はやはり煩わしいもの。DEXTREはそんな煩雑な貿易業務をサポートします。

 

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)はインコタームズ2020に準拠した販売管理システムです。

DEXTREは、インコタームズ2020の11条件を顧客ごと、取引ごと、製品ごとに紐づけることができます。

インコタームズだけでなく、割引率や支払い通貨、関税なども紐づけることができます。

 

ほかにも、海外取引に関連した販売管理の機能には、

  • 受注データを起点に在庫、納品、請求、入金まで一括管理
  • コマーシャルインボイスやパッキングリストなど貿易書類を簡単作成
  • 日中英3言語23通貨で取引、画面操作
  • WEBカタログ、オンライン展示会から24時間365日世界中からWEB受注

など、商社、卸売、メーカーの企業様に向けた国内外の取引に便利な機能が充実しています。
手入力や転記、エクスポートといった作業、それに伴うミスに悩まされることもありません。

 

DEXTREは月額20,000円~、初期費用は0円で導入できます。
30日間の無料体験で全ての機能をお使いいただけます。この機会に是非、スムーズな貿易業務を強力にバックアップするDEXTREをお試し下さい。

卸売り業の受発注から
入金までクラウドで一つに

30日間すべての機能をお試しください

無料で試してみる
IT導入補助金について
資料請求・お問い合わせ

IT導入補助金2024について

IT導入補助金2024については、2月中旬以降に更新予定です。

(2023年度分は1/29 17:00をもって受付終了いたしました。)

お気軽にお問い合わせください。