パッキングリストとは?フォーマットやコマーシャルインボイスとの違い【貿易書類作成のシステム化】

パッキングリストとは?フォーマットやコマーシャルインボイスとの違い【貿易書類作成のシステム化】

海外との取引には、国内とは違った独自の商習慣、業務フローがあります。
輸出に関わる書類の作成、管理もそういった業務のひとつです。

今回は輸出業務で作成する書類の中でも、最も重要なもののひとつパッキングリストについて解説します。

卸売、商社、メーカー向け
クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)

国内取引、輸出取引を取引先ごとの価格、条件でオンライン受注。在庫、納品、請求、入金までひとつながりに管理できます。
貿易書類の発行もかんたん、多言語多通貨対応です。
主な機能 一覧   導入事例

 

パッキングリストとは?

パッキングリスト(Packing List、P/L)とは、輸出入の通関の際に必要になる貨物の梱包明細書のことです。

梱包の形態(荷姿)や「どの箱に」「どんなものが」「どれくらい入っているか」などが分かる貿易書類です。

 

パッキングリストが必要な理由

パッキングリストは、税関手続きの際に貨物の重さを申告するために必要な書類です。

輸出入申告書を作成する際、「数量単位欄」にはネットウェイト(梱包抜きの貨物の正味重量)を、「貨物重量欄」にはグロスウェイト(梱包後の貨物の重量)をそれぞれ記載します。

これらの情報がパッキングリストによって明確になり、通関業務をスムーズに進めることができます。

 

買い主側にもメリット

パッキングリストがあることで「箱の重さや個数を事前に把握できるため、台車やフォークリフト等をスムーズに手配できる」「貨物の内容とパッキングリストを照らし合わせることで、商品到着の有無をを確認できる」などの様々なメリットがあります。

こういった側面から、パッキングリストは「納品書のような書類」といわれることもあります。

 

コマーシャルインボイスとの違い

パッキングリストとよく似た書類にコマーシャルインボイス(Commercial Invoice)があります。

この2つの書類は記載内容がよく似ています。
貿易業務に慣れていない人から見ると、区別がつかないくらいでしょう。

パッキングリストとコマーシャルインボイスは「通関での重要な役割」「基本的に輸出者側で作成する」といった点で共通しています。

 

コマーシャルインボイスとは?

コマーシャルインボイスは「商業送り状」と訳される書類で、その取引について詳細な情報が記されています。

輸出/輸入者の情報や貿易取引条件、貨物の明細などなど輸出入に関する実務で必要になる情報がコマーシャルインボイスにほとんど網羅されています。
貿易書類で最も重要といってもよいかもしれません。

 

違いは「記載内容」と「役割」

パッキングリストとコマーシャルインボイスの大きな違いは、コマーシャルインボイスには「価格」と「支払いに関する条件」が記されていることです。
また、コマーシャルインボイスは請求書のような役割も果たします。

記載内容は似ていても、果たす役割はそれぞれ大きく違うのです。

 

パッキングリストのフォーマット、書き方

パッキングリストに必要な項目は、主に次の4つです。

  1. 重量
    貨物重量は税関手続きにおいて重要な情報です。
    パッキングリストには「ネットウェイト=貨物の正味重量」と「グロスウェイト=梱包後の重量」を別々に記した上で、それぞれのトータル重量をもとめて記入します。
  2. 荷姿と個数
    箱、ケース、ドラムなどどのような梱包形態の貨物がいくつあるのか記した上で、こちらも総合計個数を記入します。
  3. 容積
    梱包した状態での貨物のサイズです。CBM(Cubic Meter、M3/立方メートル、㎥)が使われます。
  4. 荷印
    ケースマーク、シッピングマークとも呼びます。
    貨物の紛失や混同を防ぐため、梱包状態でも何が入っているか分かるようにするのが目的です。
    特定の記載ルールはありませんが、シンプルで分かりやすいことが重要です。一般的には「輸入者の名前」「荷物の行き先」「箱の番号」「原産地」あたりを記入すれば良いとされています。

 

以上がパッキングリストの必須となる記載項目です。
その他の項目についてはコマーシャルインボイスとほとんど同じです。コマーシャルインボイスとは?輸出に必要な貿易書類をオンライン化するで詳しく紹介しています。

 

パッキングリストのみを1から作成するということはほとんどなく、コマーシャルインボイスの内容に必要な項目を足すという方法が一般的です。

輸出する貨物の数が少ない場合には書類を分けず、コマーシャルインボイス内にパッキングリストの必要項目を追加で記入して兼用することもあります。

 

パッキングリストに記載ミスは禁物!

パッキングリストの作成に専門的な知識は必要ありませんが、記入ミスが発生することがあります。

 

商品の測り間違い、数え間違いといったケアレスミスもさることながら、多いのはコマーシャルインボイスからの転記ミスです。

両者の記載内容が似ていることから、コマーシャルインボイスをもとにしてパッキングリストの項目を埋めようとして書き間違い、打ち間違いが起こります。そうでなくとも、PC画面や書面を確認しながら一つ一つ項目を埋めていく作業は非常に手間です。

 

コマーシャルインボイス、パッキングリストともに決まったフォーマットはありません。
両者間の情報共有を半ば自動化できるような共通性の高いフォーマット、入力手順を採用するようにしましょう。

 

貿易書類の記入ミスは輸出入の差し止めや支払いの遅れ、不払いなど大きなリスクが生じる可能性もあるため、ミスをなくす対策は非常に重要です。

 

システムを使ってパッキングリストを作成する、オンライン化する

貿易書類はシステムやソフトを使って作成できます。
オンラインで利用できるクラウド型(SaaS)のシステムなら、中小企業や大企業の部署単位でコストをおさえて導入することができます。

 

貿易業務に対応したシステムや輸出取引の関連業務を一括管理できるシステムなどがあり、コマーシャルインボイスとパッキングリストで共通した内容での作成が自動化できれば、コマーシャルインボイスからの転記ミスを無くして、書類作成の業務の効率が高まります。

 

DEXTREでパッキングリストを作成する

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)には、輸出管理ができる卸取引に特化した、クラウド型の販売管理システムです。
取引先からのWEB受注から在庫、納品、請求、入金といった一連の販売活動をひとつながりに一元管理できます。

 

パッキングリストとコマーシャルインボイスは、納品書から同時に作成できます。

 

貿易書類はパッキングリスト、コマーシャルインボイスの他、クレジットノートやプロフォーマインボイスなど輸出取引に必要な書類をかんたんに作成、管理できます。

 

パッキングリストサンプル


DEXTREで作成したパッキングリスト

 

コマーシャルインボイスのサンプル


DEXTREで作成したコマーシャルインボイス

パッキングリスト、コマーシャルインボイスを作成する-DEXTREご利用ガイド

 

DEXTREはグローバルにビジネスを展開する企業様に向けた販売管理システムを提供しています。

  • 受注データを起点に在庫、納品、請求、入金まで一括管理
  • 3言語23通貨で取引、画面操作
  • WEBカタログ、オンライン展示会から24時間365日世界中からWEB受注
  • 取引先ごとの貿易条件、価格、掛け率、支払い通貨など複数条件で取引

その他にも、国内外の卸取引に便利な機能が充実しています。
月額20,000円~、初期費用は0円で導入できます。

 

30日間の無料体験で全ての機能をお使いいただけます。この機会に是非、スムーズな貿易業務をサポートするDEXTREをお試し下さい。

卸売り業の受発注から
入金までクラウドで一つに

30日間すべての機能をお試しください

無料で試してみる
IT導入補助金について
資料請求・お問い合わせ

IT導入補助金2024について

IT導入補助金2024については、2月中旬以降に更新予定です。

(2023年度分は1/29 17:00をもって受付終了いたしました。)

お気軽にお問い合わせください。