インコタームズEXWの貿易条件や売主、買主のメリット・デメリット【図解あり】

インコタームズEXWの貿易条件や売主、買主のメリット・デメリット【図解あり】

国際貿易取引では、輸出入の過程でさまざまな業務や費用が発生します。

荷物の上げ下ろしや船の手配、税関手続きなど、こういった作業に対して輸出者、輸入者のどちらが責任を持つのかは、見積りの段階でインコタームズに沿って取り決める必要があります。

 

インコタームズの中でも売主側にとって最もリスクの低い取引条件「EXW」について、概要や売主(輸出者)、買主(輸入者)それぞれの視点から見たメリットやデメリットなどを解説します。

卸売、商社、メーカー向け
クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)

国内取引、輸出取引を取引先ごとの価格、条件でオンライン受注。在庫、納品、請求、入金までひとつながりに管理できます。
貿易書類の発行もかんたん、多言語多通貨対応です。
主な機能 一覧   導入事例

インコタームズについて

インコタームズ(Incoterms=International Commercial Terms)とは、国際貿易における「費用負担」(運送や通関業務にかかる費用)と「危険負担」(輸送過程での貨物の破損等による損害リスク)を、売主、買主のどちらがどこまで負担するのかを明確化するために用いられる貿易条件の国際基準です。

 

交渉の際にインコタームズを用いることで、双方で誤解なく、スピーディーに取引条件を決定することができます。紛争や訴訟の防止にも役立ちます。

現在、最新版となるインコタームズ2020には11種類の取引条件が設定されており、それぞれ「EXW」「DDP」など、アルファベット3文字で表記します。

 

インコタームズ2020の種類は4グループに分けられる

インコタームズ2020には11種類の貿易条件が設定されていますが、特徴ごとに、アルファベット3文字の頭文字をとって4つのグループに分けることができます。

  • Eグループ 費用負担・危険負担を買主側で引き受ける。「EXW」
  • Dグループ 費用負担・危険負担を売主側で引き受ける。「DAP」「DDP」「DPU」
  • Fグループ 費用負担・危険負担が売主→買主へ同じタイミングで切り替わる。「FOB」「FCA」「FAS」
  • Cグループ 費用負担・危険負担が売主→買主へとそれぞれ違うタイミングで切り替わる。「CIF」「CFR」「CIP」「CPT」

 

EXW(工場渡し)の貿易条件

Eグループに属する貿易条件は「EXW」のみです。
「Ex-Works」の略で、「イー・エックス・ワークス」または「エクス・ワークス」と読みます。

EXW(工場渡し)の貿易条件

 

EXWは売主(輸出者)にとって最も負担の少ない貿易条件です。

 

EXWにおける売主の責任は、商品を梱包して買主が手配した運送業者に引き渡すのみです。
引き渡した時点で、全ての費用負担・危険負担が売主から買主(輸入者)へと切り替わります。

 

引き渡し場所は両者の合意に沿って決められますが、売主(輸出者)のリスクを最小限にするEXWの性質上、売主の施設(工場や倉庫など)で引き渡されることがほとんどです。

このことから、EXWは「工場渡し」「工場引き渡し」などとも呼ばれます。

 

EXWのポイントまとめ

  • 売主(輸出者)が最も楽な貿易条件
  • 売主(輸出者)は商品を梱包して運送業者に渡すのみ(商品を積み込む義務もなし
  • 基本は売主(輸出者)の施設で引き渡し

 

EXWのメリットとデメリット

EXWにおいては、売主(輸出者)は最も安全かつ楽に商品を輸出することができます。

では、売主にとって最も旨味のある貿易条件はEXWなのかというとそういうわけでもありません。
売主、買主の視点でそれぞれEXWのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

売主側のメリットとデメリット

メリット(とにかく楽!)

売主(輸出者)にとってのEXWのメリットは何といっても楽に輸出ができることです。

貿易ではほとんどの場合、貨物輸送の専門業者(フォワーダー)に依頼して、船の手配や通関業務を進めていきますが、フォワーダーとの交渉や信頼できるフォワーダーの選定には慣れが必要です。

こういった業務を全て買主側に任せて貿易取引ができるのは大きな魅力です。

また、見積りの段階で輸送にかかる費用負担を見積もる必要がなく、価格の管理を簡単にできる点もEXWのメリットと言えます。

 

デメリット(交渉で不利…)

そんなEXWですが、売主売主(輸出者)にとってはデメリットもあります。

EXW最大のデメリットは交渉の主導権が買主側になることです。

 

EXWでの取引を受け入れてくれる買主(輸入者)は貿易上級者であることが多いです。

そのため、価格交渉に関してはかなりシビアな条件になることをある程度想定しておかなければなりません。売主にとって手間がない分、利益の上乗せも望めないのがEXWの特徴です。

 

以上のことから、EXWは貿易初心者の売主に適した貿易条件ということができます。

スピーディーかつ簡易に手続きを済ませられる点は大きな魅力と言えますが、ある程度国際貿易に通じている売主ならば、EXW以外の条件を検討した方が良いかもしれません。

 

買主側のメリットとデメリット

メリット(貿易の主導権を握れる)

EXWでは、買主(輸入者)が輸送に関する全ての費用負担・危険負担・手続きなどのコストやリスクを引き受けます。このことから、売主(輸出者)に対して値下げ等の交渉を有利に進めやすくなります。

 

また、輸出入に携わる業者を買主側で自由に選択できるため、貿易にかかる費用を最大限カットすることができます。国際貿易に精通した買主であればあるほど、旨味の大きい取引条件といえるでしょう。

 

デメリット(危険負担が最大)

買主(輸入者)にとってのEXWのデメリットは、輸送時に発生する全ての危険負担を担わなければならない点です。

 

船の事故や荷上げ、荷降ろし中のミスによる損傷リスクはもちろん、通関時に発生するトラブル等に対しても買主側が責任を持たなければなりません。

貿易においては、船の手配や税関手続きといった専門的な業務はフォワーダーに依頼するのが一般的です。
その地域からの輸出入において信頼できるフォワーダーを見つけられるか否かは、EXWでの取引を考える上で重要なポイントとなるでしょう。

 

以上のことから、EXWは貿易上級者の買主にとってメリットの大きい取引条件と言えます。
買主側で貿易のプロセスを自由にコントロールできる分、高い利益率を見込めますが、その地域からの輸出入に少しでも不安があるなら避けた方が無難といえます。

 

まとめ

EXWはインコタームズの中でも売主(輸出者)にとってもっとも負担の少ない取引条件です。

売主にとっては楽な反面、貿易の主導権を買主側に握られてしまうというデメリットもあります。反対に、買主側は貿易の主導権を握れる代わりに全てのリスクを引き受けなければならない点がデメリットです。

 

売主、買主ともに重要なメリットとデメリットのある貿易条件ですので、双方の貿易の熟練度やその地域からの輸出入を任せられるフォワーダーの有無、費用とリスクのバランス等をお互いによく話し合った上でEXWを設定することが望ましいでしょう。

 

DEXTREはインコタームズ2020に対応しています

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)は、国内外の取引先とオンラインでBtoB取引ができる、卸売に特化した販売管理システムです。

 

EXWをはじめ、インコタームズ2020に準拠した価格、貿易条件を買主(バイヤー)ごとに設定して、輸出取引を一括管理できます。インコタームズだけでなく、割引率や支払い通貨、関税などの情報も紐づけることができます。

 

ほかにも、海外取引に関連した販売管理の機能には、

  • 受注データを起点に在庫、納品、請求、入金まで一括管理
  • コマーシャルインボイスやパッキングリストなど貿易書類を簡単作成
  • 日中英3言語23通貨で取引、画面操作
  • WEBカタログ、オンライン展示会から24時間365日世界中からWEB受注

など、商社、卸売、メーカーの企業様に向けた国内外の取引に便利な機能が充実しています。

DEXTREは月額20,000円~、初期費用は0円で導入できます。
30日間の無料体験で全ての機能をお使いいただけます。この機会に是非、スムーズな貿易業務を強力にバックアップするDEXTREをお試し下さい。

卸売り業の受発注から
入金までクラウドで一つに

30日間すべての機能をお試しください

無料で試してみる
IT導入補助金について
資料請求・お問い合わせ

IT導入補助金2024について

IT導入補助金2024については、2月中旬以降に更新予定です。

(2023年度分は1/29 17:00をもって受付終了いたしました。)

お気軽にお問い合わせください。