アパレルDXの具体例と販売管理をクラウドでシステム化するには?【卸売、展示会】

アパレルDXの具体例と販売管理をクラウドでシステム化するには?【卸売、展示会】

DEXTRE Merchant API(β版)の提供を開始しました。
β版は無料でご利用いただけます。
ご利用をご希望の方は、API(β版)ご利用についてをご確認ください。

政府の後押しもあり、ここ数年で業界を問わず多くの企業がDXによる業務改革に取り組んでいます。
業務の効率化だけでなく、DXによって付加価値を創出し、新たなビジネスチャンスの獲得や顧客と従業員の満足度向上など多様な効果が期待されます。

 

しかし、業界によっては従来の商習慣や業務フローの影響が根強く、DXへの対応が遅れてしまっている状況も見受けられます。
アパレル業界もその一つにあげられるでしょう。

この記事ではアパレル業界に焦点を当てて、DXの概要や具体例、DXを推し進める際の課題などについてご紹介します。

卸売、商社、メーカー向け
クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)

国内取引、輸出取引を取引先ごとの価格、条件でオンライン受注。在庫、納品、請求、入金までひとつながりに管理できます。
貿易書類の発行もかんたん、多言語多通貨対応です。
主な機能 一覧   導入事例

DXとは?

DXとはDigital Transformation(デジタルトランスフォーメーション、X-formationとも)の略で、企業がITやAIなどデジタルテクノロジーを活用して市場の変化に対応して従来の業務に変革を起こして企業価値を高め、企業間競争における優位性を確立することを指します。

 

DXは2004年にスウェーデンの大学教授エリック・ストルターマン氏により提唱された概念です。
本来はデジタル技術により人々の生活を全体的に向上させる意義を持っていましたが、日本では主にビジネスや行政をはじめとする組織的活動の文脈で、従来の業務フローの根本的な改革を促す概念として用いられるようになりました。

 

「IT化」との違い

混同されがちな言葉に「IT化」がありますが、こちらはあくまでも「デジタルツールの導入によって既存の業務フローを効率化する」にとどまるのに対して、DXは「デジタル技術やデータの活用によりビジネスモデルそのものを根本から変革して、新たな付加価値や顧客体験を提供する」という点に違いがあります。

 

アパレル業界のDX 3つの具体例

日本はデジタル技術の普及が多くの業種で進んでおらず「デジタル後進国」といわれてきました。DXにおいても例外ではなく、先進国の中でも取り組みが遅れているとされています。

 

しかし、2020年のコロナ禍の影響が社会経済へも大きく及び、日本全体でビジネスの変革を余儀なくされる中、DXが中小企業へも波及していく契機となりました。

アパレル業界においても、次のような業務改革がDXによって広まりました。

 

1.オンライン展示会の導入

オンライン展示会

クラウド販売管理DEXTREのオンライン展示会画面

 

コロナ禍でアパレル業界が被った大きな打撃のひとつに、国内外で展示会やファッションショーを開けなくなったことがあげられます。

アパレルの展示会は新作発表の場であると同時に、新規顧客の獲得やバイヤーとの商談など、さまざまなビジネスの機会を兼ねる重要な場です。展示会を起点としたビジネスモデルを構築しているアパレル企業も少なくありません。

 

展示会やファッションショーが世界規模で中止、延期になる中で、多くのブランドやメーカーが展示会のオンライン化に取り組みました。

動画や3DCGで製品のイメージや世界観を立体的かつ細部までクリアに表現できるだけでなく、「リアルの展示会ではディスプレイの動線で見逃されがちだった商品も新しい表現で提案できる」といったオンラインならではの付加価値も生まれています。

 

天候や時差に左右されずに顧客との接点を創出でき、渡航費や滞在費をはじめとする諸々の経費削減もオンライン展示会の大きなメリットです。

 

2.オンラインでの販売活動の拡大

BtoCの場合(ECサイトやSNS)

ネットショッピングが一般化した2010年代以降も、アパレル業界ではまだまだ実店舗販売が主流でした。

リアルな着心地やサイズ感が重視され、ネット上では安心・納得できる購入体験の提供が難しかったことが大きな要因です。

 

しかし、コロナ渦で人々がインターネットを利用する時間が急激に増加し、利便性も向上したことで先ほどのオンライン展示会をはじめ、ECサイトやSNSといったプラットフォームが、それまでの顧客の不安を払拭する役割を担えるようになっています。

 

商品の世界観やディティールをブランドのファンやインフルエンサーがSNSで発信し、情報がターゲット層に繰り返し拡散するプロセスは、商品への認知や信頼感を醸成し、ECサイトやECモールでのシンプルな操作・決済で購入した商品が数日のうちに手元に届くようになったことで、BtoCのアパレル業界はDXが飛躍的に進んでいます。

 

BtoBの場合(クローズドBtoB EC)

クローズドBtoB EC

クラウド販売管理DEXTREのクローズドBtoB EC画面

 

BtoBのアパレルDXでは、システムの導入でオンラインの受注チャネルを追加する取り組みがあります。

 

例えば、これまで対面での営業活動や商談で見積りや注文を受け、紙の書面やExcel、Fax、電話などで進めていた取引を、クローズドBtoB EC機能がある販売管理システムを導入して受注から入金までオンラインで取引が完結できるようにする、などが代表的なDXの1つといえます。

 

クローズドBtoB ECは招待した取引先だけが閲覧できる非公開型のECサイトで、他の企業は見ることができず、Google検索で表示されることもありません。

取引先ごとの価格や提案商品など個別の条件で受発注ができるクローズドBtoB ECは、卸売や商社、メーカーのアパレル企業の商習慣や商流に適しています。

 

クローズドBtoB ECを起点とした取引は、販売管理の一元化で自社の効率や生産性を上げる以外に、取引先に対してもいつでもオンライン発注できる環境を提供でき、商品の詳細や在庫、取引の進捗を確認できるなど、顧客満足度の高いスムーズな取引によって双方がメリットを享受できるDXが実現できます。

 

その他のデジタル技術を活かした販路開拓

先進的なデジタル技術によって「アパレル商品は実際に手に取ってから購入する」という従来の購買行動が変化しており、アパレル企業は顧客のニーズをとらえた接点づくりが求められています。

 

オムニチャネル

実店舗で採寸したデータをもとにECサイトでオーダーメイドスーツを注文する、実店舗の近くにいる顧客にお気に入り商品やセール情報を配信するなど、オンライン・オフラインを問わず様々な販売チャネルが連携した販売促進戦略です。

 

AI採寸

ここ数年で専用アプリで写真を撮影するだけでAIがビッグデータをもとに各部位を自動で採寸し、顧客にフィットするサイズの製品を高い精度で提案してくれる機能も提供されるようになりました。

 

3.販売管理のシステム化

アパレル業の販売管理で悩ましい問題といえば「煩雑な在庫管理」でしょう。

「トレンドに左右される」「市場の変化が早い」というアパレルビジネスでは、発注タイミングが少しずれるだけで在庫の過剰や不足といったリスクが発生します。

特に、サステナビリティやSDGsに反した企業活動が問題視される中、商品の過剰在庫はアパレル業界が解決すべき大きな課題となっています。

 

これらの問題を解決には、在庫管理が一体となった販売管理のシステム化が適しています。

 

在庫管理も販売管理システムで一元化

販売管理システムは、在庫をふくむ関連業務が連携しており、受発注から在庫、納品、請求、入金と情報の受け渡しが自動的に行われ、取引をスピーディーに正確に進められます。

 

売り手と買い手がシステムを通してつながり、受発注情報から在庫の引き当て、仕入と納品の流れが大幅に効率化されます。

販売管理システム

在庫や受発注を一元管理できる販売管理システム(クラウド販売管理DEXTREの場合)

 

受発注の機会損失の防止やリードタイムの短縮だけでなく、従来発生していた書類や受注データの手入力・転記といった面倒な業務とそれにまつわるミスを削減できます。

また、オンプレミスに比べて安価に利用できるクラウドは、売り手と買い手ともにコストをおさえた導入と運用が可能です。(DEXTREは買い手ユーザーの利用料は無料です)

 

販売管理システムの在庫管理については販売管理システムの在庫管理に重要な7つの機能【卸売DX】でも詳しく解説しています。

 

アパレルの在庫管理はクラウドが向いている?

在庫管理をクラウド化することは、店舗や倉庫の在庫状況がいつでもリアルタイムで把握できるようになり、計画的で無駄のない生産と仕入れ、在庫調整が可能になります。

 

ですが、クラウドによる在庫管理のオンライン化で大きな成果を挙げるには、在庫管理を単独でシステム化するのではなく、受発注や請求、入金など一連の販売管理の中で在庫調整や納品業務ができるシステムを導入することが大前提となります。

 

補助金制度を活用したアパレルDX

IT補助金2024の対象ツールになっている受発注や在庫管理ができる販売管理システムも多く、よりコストを抑えてシステムを導入・移行できる点がアパレル業界のDX推進にとって追い風といえます。

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)はIT導入補助金2024 「インボイス枠(インボイス対応類型)」の対象ツールです。

導入、利用料が最大2年分80%OFF!初期設定代行やデータ登録などサポートサービスにもご活用いただけます。
くわしくはこちらへ

 

アパレル業界におけるDXの課題

アパレル業界は今、DXでの変革のときを迎えています。

とはいうものの、まだまだ多くのアパレル企業が従来の商習慣から抜け切れていないのも事実です。特にアパレルはDXが進みづらい業種とされています。

 

「業務の変化にスタッフが対応できない」という業界問わずDXが抱える課題もさることながら、アパレルでは特に次のような課題がDXの妨げとなっているとされています。

 

リアル販売の高い付加価値

コロナ禍により苦境に立たされたアパレル業界ですが、規制が緩和・解除された現在ではリアルの展示会、ファッションショーは以前と遜色ない頻度で開催されるようになりました。

 

こういったイベントは顧客との関係強化、エンターテインメントの側面もあるため、オンライン化がある程度進んでも、魅力的なブランド体験を提供できる場として人気があります。

 

実店舗での販売も、ウィンドウショッピングや店舗スタッフとのコミュニケーションを楽しみに来店するユーザーは多く、DXによる改革が進んだとしてもアパレル業界では、対面とのオンラインそれぞれの利点を活かした両立が最適解といえるでしょう。

 

業界全体の商習慣や高齢化

そもそもアパレル業界が全体的にデジタル化の流れに乗り遅れているという点も、DXの大きな妨げとなっています。

 

従来のビジネスモデルに付加価値を感じる顧客層が一定数いる以上、DXの必要性をあまり感じていない企業も多く存在するうえ、生地や糸のサンプルのやりとりといったオンライン化しきれない商習慣がアパレル業界では多く、業務管理が非効率であっても改革、改善へと舵をきれない原因となっています。

 

また、中小企業や小規模事業者を中心に従業員の高齢化が進んでいる企業も多く、せっかく導入したシステムを従業員や取引先の担当者が使ってくれない、といったケースもしばしば耳にします。

 

販売管理や受発注業務をシステム化する際は、自社スタッフだけでなく取引先の利用も考慮にいれ、業務フローに合った機能と理解しやすい直感的な操作性のシステムを選ぶ必要があるでしょう。

 

アパレル企業がDXを進めるには?

商習慣や業界全体がはらむ問題から「DXによる業務改革、ビジネスモデルの変更は難しい」という企業がほとんどなのではないでしょうか。

現に、多くの企業は対面販売の付加価値を維持しつつ、顧客と企業がよりスマートに取引できる環境づくりをDXで実現する方向へ舵取りをしています。

先に紹介したオンライン展示会やECサイト、BtoB ECがリアルでの営業活動や実店舗と連携したオムニチャネルの構築はその一環として候補にあがるでしょう。

 

従来の商習慣をベースに、デジタル技術の導入によって業務フローの簡略化と販売チャネルの多様化をはかる取り組みが、これからのアパレル業界を生き残るために必要とされるのではないでしょうか。

 

アパレルに最適!クラウド販売管理DEXTREからDXを始めてみませんか?

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)は国内外の卸取引、輸出取引に特化した販売管理システムです

 

「DXに興味はあるけど、何から始めて良いか分からない…」というアパレル企業の担当者様におすすめしたいのが、クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)です。

 

DEXTREは卸取引・輸出取引に特化した販売管理システムです。
アパレル業務のDXから開発が始まったDEXTREは、卸取引を行うアパレル関連の企業様、商社様、メーカー様の販売管理に必要な機能をそろえています。特に、受発注管理はさまざまな商習慣や商流に対応できます。

 

今回ご紹介した、

  • オンライン展示会
  • クローズドBtoB EC
  • 個別の価格や提案商品でオンライン取引
  • クラウド在庫管理

の他に、製品マスター、売上管理、顧客管理、他システムとのAPI連携などから、「受注のみ」「オンライン展示会と受発注」「入金まで一元管理」など自社の業務、システムに合わせてご希望の機能を選んでご利用いただけます。

 

直感的に使える覚えやすい操作性はITツールの利用に慣れていない方でも無理なくお使いいただけます。
無料体験から導入後も、自社と取引先への浸透と安定的な運用を専属の担当者がサポートします。ShopifyなどのオープンECサイトとの在庫連携によるBtoBtoCのオムニチャネルの構築も可能です。

 

ほかにも、DEXTREには、

  • 受注データを起点に在庫、納品、請求、入金まで一元管理
  • 日中英3言語23通貨で取引、画面操作
  • クローズドBtoB ECから24時間365日世界中からWEB受注
  • 取引先ごとの価格、掛け率、貿易条件など複数条件で取引
  • 輸出に必要な貿易書類をかんたん作成

など、商社、卸売、メーカーの企業様に向けて国内外のBtoBに特化した販売管理の機能が充実しています。

DEXTREは月額20,000円~、初期費用は0円で導入できます。
30日間の無料体験全ての機能をお使いいただけます。
DEXTRE Merchant API(β版)の提供を開始しました。
β版は無料でご利用いただけます。
ご利用をご希望の方は、API(β版)ご利用についてをご確認ください。

 

アパレルDXの成功事例

業務の大幅な効率化に成功された、DEXTREをご利用中のアパレル関連のお客様のDX事例をご紹介しております。

卸取引の受発注から
入金までクラウドで一つに

30日間すべての機能をお試しください

無料で試してみる
IT導入補助金について
資料請求・お問い合わせ

DEXTREは、IT導入補助金をご活用いただけます。

DEXTRE(デクスター)は企業間取引のデジタル化を推進することを目的とした「IT導入補助金2024 インボイス枠(インボイス対応類型)」の対象ツールに認定されました。

中小企業、小規模事業者様を対象にDEXTREの導入費が最大2年分80%OFF!

お気軽にお問い合わせください。