販売管理で重要な在庫管理|システムを選ぶ7つのポイント【卸売取引のDX】

販売管理で重要な在庫管理|システムを選ぶ7つのポイント【卸売取引のDX】

在庫管理は販売管理システムの要

商習慣が複雑な卸売業、取り扱い商品点数の多い商社、精度の高い管理が求められる食品や製薬、アパレルなどの製造販売を行うメーカーなど、販売管理システムは企業の規模を問わず、多くの業種で必要とされています。

 

販売管理システムを運用する企業にとって、製品の生産や仕入れ、受注に関わる「在庫管理」は、取引先から製品を受注してから納品、入金まで製品とお金の流れをコントロールする一連の業務管理において、なくてはならない機能です。

 

しかし、在庫管理の機能が自社の業務フローに合わないと、販売管理システムとExcelや他のシステムを併用して在庫を管理することになり、在庫確認の漏れや転記ミスが生じるなど効率的な運用ができず、担当者様の事務負担が増えることになります。

販売管理システムの導入、または見直しを検討中の担当者様へ、どのような在庫管理の機能があればよいかをご案内したいと思います。

 

【何ができる?】販売管理システムの在庫管理 基本的な機能

在庫管理は販売管理システムの機能の一つです。

  • 受注管理
  • 製品管理
  • 在庫管理
  • 納品管理
  • 請求管理
  • 入金管理
  • 顧客管理
  • 集計・分析

販売管理システムは、これらの機能が受注データを起点につながり連動して、企業間取引の販売活動を一元管理できます。

 

在庫管理は、製品の在庫数や保管場所、仕入れ状況などを確認したり、取引先からの受注が確定すると在庫状況が更新され、入荷や出庫を管理できます。
在庫数量が設定したルールに従って自動で更新されるため、手入力の負担や聞き間違いなどヒューマンエラーを軽減できます。

 

在庫管理を使ったオンライン受注

クローズドBtoB ECでオンライン受注が可能な販売管理システムでは、在庫管理の機能を使って次のような受注方法を設定することができます。

  • 在庫販売
  • 受注生産
  • 予約販売
  • バックオーダー
  • 委託販売
  • 消化仕入れ
  • サンプルリース

取引先との契約や自社の販売戦略、ビジネスモデルに合わせた受注方法をWEB上で実現でき、取引先に時間や場所にとらわれない多様な発注機会を提供することができます。

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)

国内取引、輸出取引を取引先ごとの価格、条件でオンライン受注。在庫、納品、請求、入金までひとつながりに管理できます。
貿易書類の発行もかんたん、多言語多通貨対応です。
主な機能 一覧

 

【卸売、商社、メーカー向け】在庫管理の便利機能7選

前述した基本的な機能は、自社の業務フローに適した動作で使えなければなりません。
また、詳細に、かつ自由度の高い設定ができる在庫管理の機能が数多く備わっており、それらを組み合わせることによって、スムーズな販売管理が可能になります。

 

次にご紹介する機能は、特に卸取引が中心となる業種、商社、製造メーカーなどの販売管理に役立つ、在庫確認の機能です。自社に合わせて設定して運用することで、在庫管理が効率的にオンライン化され、人的なミスが減り、リードタイムの短い納品に貢献できることでしょう。

 

1.在庫状況

  • 受注後、在庫の状況を「生産中」「生産中止」「入庫済み」「出荷待ち」「実在庫」「自社在庫」など、自由に名称を設定できる。
  • 受注したタイミングで、事前に決めたルール通りに在庫状況を自動で切り替えることができる。

2.ロケーション(保管場所)

  • 「店舗」「倉庫」「オフィス」など、製品の在庫がある場所の名称を自由に設定できる。
  • 受注したタイミングで、事前に決めたルール通りに保管場所を自動で切り替えることができる。

3.仕入れ(発注と入荷)

  • 未入荷の製品を発注する、入荷が完了するといった仕入れを管理して、在庫の数量や状況を確認できる。
  • 納品予定、到着予定時間の設定ができる。

4.出入庫

  • 引き受け元の場所と状況と、移動先の場所と状況を登録することで、在庫の数量が即座に反映される。
  • 在庫の消し込みの管理ができる。

5.取引先ごとの在庫販売

  • 取引先ごとに在庫を割り当てることができる。
  • 在庫を割り当てた取引先のみがアクセスできるWEBオーダーカタログを作成して、委託販売、サンプルリース、消化仕入れといった販売モデルでオンライン受注ができる。

6.Shopifyとの在庫連携

  • Shopifyの在庫と販売管理システムの在庫が連動して、リアルタイムに在庫状況が反映される。
  • ShopifyでECを運用しているブランドの在庫と、卸取引の在庫を同時に管理できる。

7.一括登録

  • 製品の在庫数をまとめて一括で登録できる。
  • 外部システムとの連携にも活用できる。

 

販売管理と在庫管理のシステムを導入するには?

販売管理システムの大半は在庫管理機能がありますが、自社に導入する際は、実際の業務フローに合っているか、商習慣をカバーした機能があるか、スムーズに取引を実行できるか実際の動作、操作感を確認することが重要です。

 

無料体験やサポートへの問い合わせを通して、自社に適しているシステムを選択しましょう。

 

クラウドで導入するなら「DEXTRE」

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)は、今回ご紹介したさまざまな在庫管理機能を備えた、卸取引に特化した販売管理システムです。
多岐にわたる業務の情報をひとつながりにオンライン化、リアルタイムに取引の状況を社内や部署内のメンバーと共有できます。

 

  • 卸売り、メーカー、商社などの卸取引を、受注から在庫、納品、請求、入金、輸出までまとめて一元管理
  • 取引先ごとの価格、提案製品、取引条件(掛け率や支払、通貨など)でオンライン受注
  • 国内と海外の取引を両立!多言語多通貨で取引、輸出書類を作成できます
  • 企業間取引(BtoB)だけでなく個人バイヤーとの取引もOK、1人から大企業まで規模を問わず導入できます
  • 初期費用は0円、月額20,000円~ 導入コスト、維持コストがリーズナブル!

精度とスピードの求められる卸取引を、効率的に正確にDX!
時間や場所を問わないWEB受注で、製品の提案と受注の機会を逃しません。

卸売り業の受発注から
入金までクラウドで一つに

30日間すべての機能をお試しください

無料で試してみる
IT導入補助金について
資料請求・お問い合わせ

DEXTREは、IT導入補助金をご活用いただけます。

DEXTRE(デクスター)は企業間取引のデジタル化を推進することを目的とした「IT導入補助金2023(デジタル化基盤導入類型)」の対象ツールに認定されました。

中小企業、小規模事業者様を対象にDEXTREの導入費が最大2年分75%OFF!

お気軽にお問い合わせください。