卸売に適した在庫管理システムを選ぶ重要ポイント5選

卸売に適した在庫管理システムを選ぶ重要ポイント5選

DEXTRE Merchant API(β版)の提供を開始しました。
β版は無料でご利用いただけます。
ご利用をご希望の方は、API(β版)ご利用についてをご確認ください。

卸売を行う卸売業者や商社、メーカーは商品の流通において効率的な在庫管理が欠かせません。

特に、メーカーと小売業者をつなぐ卸売業や商社にとって、適切な在庫状況の維持は事業のキモともいえます。

 

この記事では、卸売の在庫関連業務を効率化する在庫管理システムについて、具体的な機能や導入メリット、システムを導入する際の選定ポイントなどについて解説させていただきます。

在庫管理のシステム化、卸売業のDXに興味をお持ちの方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

卸売のクラウド販売管理システム「DEXTRE」の在庫管理機能

 

卸売、商社、メーカー向け
クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)

国内取引、輸出取引を取引先ごとの価格、条件でオンライン受注。在庫、納品、請求、入金までひとつながりに管理できます。
貿易書類の発行もかんたん、多言語多通貨対応です。
主な機能 一覧   導入事例

在庫管理システムとは?

在庫管理システムとは、在庫管理に関するさまざまな業務をシステム化、自動化することにより、業務の効率化を実現するシステム、ソフトウェアやクラウドサービスを指します。

販売管理システムの一機能として搭載されていたり、独立した在庫管理システムなどがあります。

 

在庫管理システムの機能

在庫管理システム

在庫管理システムの機能は、主に次のようなものがあります。

  • 商品の保管場所、移動、数量、入出庫、ステータスなどを一元管理
  • 拠点間の貸し出しと返却、納品と返品などの管理
  • 商流に合わせた引当て・移動ルールの複数設定
  • 倉庫や店舗など複数拠点の在庫状況をリアルタイムに把握、確認
  • 設定した在庫レベルでアラート、自動発注で適正在庫を維持
  • SKU単位での在庫管理
  • 在庫回転率や在庫販売の売上に関する分析レポートに自動作成
  • 外部システム、ECサイトとの連携
  • オムニチャネルの構築

上記のような機能が搭載された在庫管理システムで業務を行うことによって、正確な在庫状況の把握や管理が可能になり、欠品や余剰在庫をなくし、数量やコストの効率の良い生産や販売が可能になります。

 

 

卸売業が在庫管理システムを導入するメリット3選

卸売業や商社などは在庫管理のシステム化による恩恵が大きい業種の1つです。

在庫管理システムによってどのように業務フローが改善されるのか、卸売業が抱える問題とともに具体的な例を見ていきましょう。

 

1.在庫状況の見える化

卸売は、適切な在庫レベルの維持が特に重要です。

在庫を効率よく管理できる環境が整っていないと、余剰在庫による損失や欠品による販売機会の喪失といった、経営に直結するトラブルを招いてしまいます。

 

とはいうものの、大量の商品を管理することが困難なこともまた事実です。

加えて、在庫管理業務が独立することで起こる情報共有の遅れや属人化問題、そこから引き起こされる発注ミスや受注トラブルが、卸売業では長年解決すべき課題とされてきました。

 

在庫管理システムは、このような課題の解決に大きく貢献します。

出入庫や拠点間の移動に沿って、在庫データが自動で更新されるようになり、リアルタイムで最新の在庫状況にアクセスできる環境が整います。

 

受注を受けた商品の在庫状況やロケーションは「生産中」「出荷待ち」「〇番倉庫」「オフィス」など、細かく設定することができます。

『受注が確定した段階で「出荷待ち」に変更する』など、事前に決めたルールに沿って在庫状況の更新を自動化することもできます。

 

在庫管理に関わるすべてのスタッフの間で、同一かつ最新の在庫状況が見える化することで、在庫トラブルの防止だけでなく、スムーズな商談やリードタイムの短縮、在庫管理コストの削減が期待できます。

 

2.販路の異なる在庫データの一元管理

BtoBの卸売と並行して、BtoCでは店舗やオンラインで販売を行っている卸売企業やメーカーは少なくありません。

また、企業間取引では既存顧客へのクローズドBtoB ECでの取引、一般消費者への販売ではShopifyやBASEなどのECプラットフォームなど、オンラインでの販路拡大、受注チャネルの多様化が、卸売業でも進んでいます。

 

販路の拡大や受注チャネルの多様化は新たな利益獲得の機会となる一方、関連する業務が増えるため煩雑になってしまい、ミスやトラブルの温床にもなりえるものです。

特に在庫管理の現場では、販路ごとに異なる在庫データを管理するデータの転記ミスや重複、情報共有の遅れや漏れが増加したり、販路ごとに割り当てる在庫数の算出ミスなどの問題が顕在化していました。

 

在庫管理システムは、このような複数の販路の在庫データをまとめて一元管理できます。

システム上で販路ごとの在庫を割り当て、受発注のタイミングで在庫数が自動更新されるようになり、拠点間の移動やステータスなど在庫状況が一覧化されます。

手作業の工程が大幅に削減されることでヒューマンエラーが解消し、情報共有が遅れることなくに正確な在庫調整や販売買活動に役立ちます。

 

3.トレーサビリティへのスマートな対応

自社商品の品質管理には、商品の生産から納品、または消費者に届くまでのルートをトレース、追跡できる「トレーサビリティ」への対応が必要になります。

 

トレーサビリティが確保できていないと、いざトラブルが起こった際に、原因の究明や回収、出荷停止などの対応が遅れてしまい、結果的に大きな損失となってしまいます。

特に商品点数が膨大になる卸売業は、煩雑な業務フローでのトレーサビリティの運用となり、上記のような課題が顕著となります。

 

在庫管理システムはトレーサビリティの運用改善にも効果的です。

商品の製造日やロット番号、出荷先などの追跡に必要なデータが在庫管理システムに記録されるため、商品の移動や入出庫の履歴から追跡可能なデータベースが自動的に構築されます。

 

万一問題が発生した場合も、問題が生じる傾向や発生プロセスの分析、可視化が容易になります。リスク予測や予防策の立案など、対策を講じる上でも在庫管理システムは貢献できます。

 

卸売に適した在庫管理システムを選ぶポイント5選

ご紹介した在庫管理システムの利点は、ほんの一例です。

在庫管理システムは、卸売の在庫に関連するすべての業務フローの正確性、生産性を向上できるといってもいいでしょう。

 

とはいうものの、在庫管理システムは多種多様で、どのように選定すればよいか戸惑ってしまうかもしれません。

ここでは、在庫管理システムの導入をお考えの方に向けて、自社にあったシステムを選ぶためにチェックすべきポイントを5点解説します。

 

1.自社に必要な機能、改善すべき課題を明確に

「在庫管理システム」と一口にいっても、その機能はさまざまです。

在庫管理のみに特化したもの、在庫データを起点にオンラインで受発注が行えるもの、受注から在庫、入金まで販売管理全般を一元管理できるものなど、さまざまなシステム、クラウドサービスがあります。

 

自社の在庫管理業務でシステム化が進んでいない部分、属人化が進んでいる部分など改善すべき課題やボトルネックを事前に洗い出し、どういった機能や必要か、導入の目的と効果を明確にし、部署内やメンバー間で共有して選定を進めましょう。

 

卸売に特化した在庫管理システムであれば、卸取引の商習慣を想定した機能が充実しており、自社の業務フローにフィットするか検証しやすいでしょう。

 

洗い出した課題を改善できるか、導入効果が期待できるかなどを無料体験やベンダーとの事前確認を通して、自社業務と整合性の高い在庫管理システムかどうかを検証しましょう。

 

2.クラウド型の在庫管理システムを検討

現在、在庫管理のシステム化を検討されているなら、クラウド型の在庫管理システムをおすすめします。

クラウドサービスは、導入ハードルの低さと利便性の高さに特徴があります。

  • システム導入・維持にに技術的リソースを割く必要がなく、短期間で導入できる
  • メンテナンスやサーバーの保守・運用などシステムの維持管理をベンダーに任せられる
  • PC、スマートフォンやタブレットから場所、時間を問わずに利用できる

 

拠点が複数あり、取引の過程で関わる部署やメンバーが多くなる卸売は、いつでもどこでも、国内外でも在庫状況や取引の進捗が共有できるクラウドサービスの利便性を活かすことができます。

 

多くのクラウドサービスは利用料金が月額数万円程度からとオンプレミスなどと比べてランニングコストが安く、初期費用も無料です。

クラウド型の在庫管理システムは「IT導入補助金2024」の対象ツールとなっているサービスも少なくありません。
中小企業、小規模事業者の方は、システム導入にあたって制度の活用を検討してみるのも良いでしょう。

 

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)IT導入補助金2024 「インボイス枠(インボイス対応類型)」の対象ツールです。

導入、利用料が最大2年分80%OFF!初期設定代行やデータ登録などサポートサービスにもご活用いただけます。
くわしくはこちらへ

 

3.卸取引や自社の業務内容に合わせた細かな設定

クラウド型のシステムは、仕様が固定している機能を利用するた、柔軟なカスタマイズができない点が気になるところです。

 

特化タイプのクラウドサービスであれば、業種や商習慣に特有の業務フローを想定した機能や設定項目があり、再現性の高い運用ができます。

 

例えば、卸売に特化した在庫管理システムや販売管理システムでは、次のような在庫販売や在庫の運用が、取引先や商品にひもづけて細かく設定できます。

  • 受注生産、バックオーダー
  • 予約販売(納品予定商品の引き当て)
  • 消化仕入れ、委託販売(貸出、返却、販売の管理)
  • 貸し出し在庫からの売上伝票作成
  • サンプルリース
  • 在庫発注(未入荷在庫、仕入れの入荷処理)

 

上記のような機能に加え、取引先ごとに異なる価格や商品で卸取引ができる販売管理システムなら、契約内容や自社の販売戦略に沿った卸取引がシステムを通して完結します。

 

自社の卸取引に必要な機能や設定項目があるか、システムを使ってできることを無料体験などを積極的に活用して検証、評価しましょう。

 

4.API連携、システム間での在庫データの活用

在庫管理以外の基幹システムやクラウドサービスを運用している場合、関連するデータを移行、共有、活用できるAPI連携が可能な在庫管理システムや販売管理システムを利用することで、在庫管理業務の大幅な効率化が期待できます。

  • システム間のデータ移行、共有、活用の自動化
  • 連携したシステムの機能やデータを利用

 

例えば、ShopifyなどのECプラットフォームの在庫と、在庫管理システムや販売管理システムの在庫をAPIで連携する在庫連携があります。

BtoCで運用するShopifyの在庫と、システム側での卸取引の在庫が一緒に管理でき、双方の在庫数量の変動がリアルタイムで反映されます。

 

また、売上データの分析ができる販売管理システムなら、連携したシステムやECの在庫データと合わせた、販路をまたいだ総合的な集計・分析ができます。

卸売、WEB、実店舗と、販路によって売れ筋が全く違うことは珍しくないので、各システムを連携した在庫データや売上データの活用は、販売戦略やマーケティングを考える上で必須といえます。

 

API連携は、こういった作業工程を大幅に省力化することが期待できます。

 

5.ユーザーフレンドリーな在庫管理システム

在庫管理システムの導入は、これまでの業務内容が変更されるため、システムを使用する担当者が使いやすいものでなければ、社内で負担となり、定着が遅れたり、使われないシステムになってしまいます。

 

多くの在庫管理システムは、誰でも扱えるようなシンプルなUI、直感的な操作性を提供していますが、こればかりは実際に導入してみなければわからない部分も大きいでしょう。

無料体験で自社の業務を想定した操作を行って、使いやすいシステムかどうか在庫業務に関わる部署内で十分に確認、評価しましょう。

 

また、サポート体制の充実も、システム導入や安定した運用に欠かせません。

電話やメールだけでなく、オンラインミーティングや研修や説明会を実施するなど、操作や業務に適した運用方法を丁寧に支援できるサポートサービスがある在庫管理システムを選ぶようにしましょう。

 

専属の担当者がつく、フィードバックのスピーディな反映、データの移行や連携の代行などの有無なども、サポート体制の充実を判断できる要素です。

 

卸売の在庫管理をDX!クラウド販売管理システムDEXTRE

クラウド販売管理DEXTRE(デクスター)は国内外の卸取引、輸出取引を一元管理できる販売管理システムです

 

クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)は国内外の卸取引に特化したクラウド販売管理システムです。

卸売の業務内容や商習慣を反映した在庫管理機能は、自社のルールや商流に合わせて設定でき、受注を起点とした在庫や納品、請求、入金までデータがつながり、販売管理業務の一元管理が実現できます。

 

他にも、今回ご紹介したさまざまな在庫販売やShopifyとの在庫連携、システム間のAPI連携なども可能です。

在庫管理 –  卸売のクラウド販売管理システム DEXTRE

 

ほかにも、DEXTREには、

  • 受注データを起点に在庫、納品、請求、入金まで一元管理
  • 日中英3言語23通貨で取引、画面操作
  • クローズドBtoB ECから24時間365日世界中からWEB受注
  • 取引先ごとの価格、掛け率、貿易条件など複数条件で取引
  • 輸出に必要な貿易書類をかんたん作成

など、商社、卸売、メーカーの企業様に向けて国内外のBtoBに特化した販売管理の機能が充実しています。

DEXTREは月額20,000円~、初期費用は0円で導入できます。
30日間の無料体験全ての機能をお使いいただけます。
DEXTRE Merchant API(β版)の提供を開始しました。
β版は無料でご利用いただけます。
ご利用をご希望の方は、API(β版)ご利用についてをご確認ください。

卸取引の受発注から
入金までクラウドで一つに

30日間すべての機能をお試しください

無料で試してみる
IT導入補助金について
資料請求・お問い合わせ

DEXTREは、IT導入補助金をご活用いただけます。

DEXTRE(デクスター)は企業間取引のデジタル化を推進することを目的とした「IT導入補助金2024 インボイス枠(インボイス対応類型)」の対象ツールに認定されました。

中小企業、小規模事業者様を対象にDEXTREの導入費が最大2年分80%OFF!

お気軽にお問い合わせください。