SKU管理とは?番号の決め方やJANコードとの違い、デメリットの解決方法

SKU管理とは?番号の決め方やJANコードとの違い、デメリットの解決方法

在庫管理や物流の現場では「SKU」という言葉が使われています。

一般的にはあまり馴染みのない用語ですが、効率的な在庫管理、商品管理を考える上ではSKUへの理解がとても重要です。

 

この記事では、SKUを用いた在庫管理「SKU管理」について、使い方やJANコードとの違い、メリットと課題などを解説します。

卸売、商社、メーカー向け
クラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)

国内取引、輸出取引を取引先ごとの価格、条件でオンライン受注。在庫、納品、請求、入金までひとつながりに管理できます。
貿易書類の発行もかんたん、多言語多通貨対応です。
主な機能 一覧   導入事例

 

SKUとは?

SKU(エス ケー ユー)は「Stock Keeping Unit」の略で、「Stock Keeping=在庫管理」「Unit=単位」となります。
SKUは在庫管理で商品を管理する最小単位として用いられます。

より具体的にいうならば、「これ以上別の種類に分けられない」というところまで商品を分類した、細かい枠組みひとつひとつに振り分けられる単位をSKUということができます。

 

そして、SKUごとに在庫管理を行うことを「SKU管理」と呼びます。

 

SKUが必要な理由

なぜSKUが必要なのでしょうか。

例えば、同一メーカーのシャツの在庫が1,000枚あるケースを想定してみましょう。

 

一口にシャツといっても、デザインやカラー、サイズによって、それぞれ商品の形態は異なります。
これらの商品群をひとまとめにして「シャツ1,000枚」と表現してしまっては、どの色のどのサイズが何枚あるのか商品の詳細が分からず、在庫管理に支障をきたすことになってしまいます。

 

そのような事態を避けるために、SKU管理が必要となります。

1,000枚のシャツが3色で、各色S・M・Lの3サイズがあるなら「9SKU」とあらわすことができます。

SKU

 

 

もちろんこのような分類は一例で、実際には

  • メーカー
  • 商品の素材
  • 商品の内容量
  • ブランド
  • 価格

など、さまざまな基準で分類されて「1SKU」として扱われます。

また、仮に全く同一の製品であっても、セット販売などによって(例:3枚セットのものと5枚セットのもの等)市場に出回る価格が異なる場合は、別のSKUとして扱う必要があります。

 

SKU管理番号を決める方法と表記例

1SKUごとに分けられた商品ロットは、個別の管理番号を振り分けて管理します。
この番号を「SKU」と呼びますが、「SKUコード」「SKU番号」などと呼ぶこともあります。

 

SKUは企業が独自に割り当てるものですので、特に決まったルールはありません。

一般には、英数字8字~16字程度で表記されることが多いです。

 

表記例

先に挙げたTシャツの例に沿うならば、次のようなSKUが考えられます。

 

  • カテゴリー「Tシャツ」 → TS
  • カラー  「青」 → BL
  • サイズ  「M」 → M

これらを組み合わせて、青色MサイズのTシャツのSKUを「TS-BL-M」とする表記になります。

 

複数のメーカーやブランドのTシャツを扱っているなら、メーカーごとに振り分けたコード(仮に0001とします)を頭につけて「0001-TS-BL-M」。これでひとつのSKUが完成したことになります。

 

SKUは「一貫性」が重要!

SKUは自由に割り当てられますが、商品群全体で一貫性を保って表記方法を統一しましょう。

上の例ですと、すべてのSKUが「メーカー→商品カテゴリ→カラー→サイズ」という順番に沿って決められる必要があります。
この一貫性が保たれていなければ、在庫管理はかえって複雑なものとなってしまい、SKU管理の意味がなくなってしまいます。

 

JANコードとSKUの違い

SKUと表裏一体といっても良いのがJANコードです。

JANコードは「Japanese Article Number」の略です。
一般的には「バーコード」といった方が伝わりやすいでしょう。

 

日本でこそJANコードと呼ばれていますが、海外ではGTIN(Global Trade Item Number)、EAN(European Article Number)など、さまざまな名称で呼ばれています。

 

JANコードの登録には、GS1事業者コードへの申請が必要であり、登録事業者は商品に13桁(標準版)か8桁(短縮版)のコードをつけることができます。

JANコードは、GS1 Japan(流通システム開発センター)の発行する基準に則って決められます。

JANコード

 

 

13桁の場合は、上から国(2桁)、メーカー(5桁)、商品(5桁)、チェックデジット(1桁)です。

つまり、JANコードにはSKU管理において知りたい「商品についての情報」が凝縮されているのです。

 

そして、世に出回っている商品の中で、2種類以上の商品が同じJANコードを共有するということはありません。

 

つまり、JANコードがついている商品は、JANコード別に分けてSKUを管理するのが最も確実かつ効率的な方法となります。
JANコードというシステムは、SKU管理を行う上で必要不可欠な存在なのです。

 

SKU管理のメリット

SKU管理には、在庫管理以外のメリットもあります。

 

正確な在庫情報がわかる

SKU管理によって、在庫の過不足といったリスクが減少し、効率的な物流環境を整えることができます。

クラウドのデータベースですべてのスタッフがいつでもリアルタイムの在庫情報を確認できる環境を整えれば、在庫管理はさらに効率化します。

 

商品の売れ行きを詳細に把握できる

SKU管理によって、商品ごとの詳細な販売データを把握できます。

季節や時期ごとの売れ筋商品やセールの反応など、顧客のニーズに直結するデータを正確に知ることで、より戦略的なマーケティングを展開しやすくなります。

 

ECサイトを利用しているなら、SKUをもとに商品を細かい枠組みでカテゴライズすることで、顧客が希望するサービスに辿りつきやすい商品構成で購入体験を整えることができます。

 

企画やイベントの商品展開に合わせた在庫管理ができる

商品SKUで管理できれば、商品のリニューアルや販促キャンペーンといったイベントに対応したSKUを作って販売状況を集計できるなど、SKU管理による恩恵は数えればキリがありません。

 

SKU管理は「在庫」に関連したすべてのワークフローに良い影響をもたらす、といっても過言ではないでしょう。

 

SKU管理の課題、デメリット

効率の良い在庫管理ができるSKU管理ですが、デメリットとして、

  • SKUが増えることで管理が複雑になった
  • 慣れるのに時間がかかる
  • SKUを管理するシステムにコストがかかる

といった課題が挙げられます。

 

こういったリスクを避けるために、あえてSKUを採らないというケースも珍しくありません。

ですが、ある程度大きな在庫を抱えるような組織であればSKU管理は避けては通れない道と言えます。そういった組織にとって、上記のような意見はデメリットというより「解決すべき課題」とみるべきでしょう。

 

SKU管理の課題をDEXTREで解決!

SKU管理、在庫管理に課題をお抱えなら、国内外の卸取引に特化したクラウド販売管理 DEXTRE(デクスター)をお試しください。

 

DEXTREの在庫管理は、商品データをSKU単位で登録でき、受注データをSKUを基準に管理することができます。

SKUだけでなく、価格や顧客情報といったデータを製品に紐づけて管理できるため、在庫管理は大きく効率化します。

 

インターネット環境さえあれば、いつでも最新の在庫状況を確認できます。
シンプルかつ直感的なユーザーインターフェースで、操作に慣れるのにも時間はかかりません。

 

ほかにも、DEXTREには

  • 受注データを起点に在庫、納品、請求、入金まで一元管理
  • 日中英3言語23通貨で取引、画面操作
  • クローズドBtoB ECから24時間365日世界中からWEB受注
  • 取引先ごとの価格、掛け率、貿易条件など複数条件で取引
  • 輸出に必要な貿易書類をかんたん作成

など、商社、卸売、メーカーの企業様に向けた国内外の取引に便利な機能が充実しています。

 

DEXTREは月額20,000円~、初期費用は0円で導入できます。
30日間の無料体験で全ての機能をお使いいただけます。この機会に是非、SKU管理をベースに顧客との取引を大幅に効率化できるDEXTREをお試し下さい。

卸売り業の受発注から
入金までクラウドで一つに

30日間すべての機能をお試しください

無料で試してみる
IT導入補助金について
資料請求・お問い合わせ

IT導入補助金2024について

IT導入補助金2024については、2月中旬以降に更新予定です。

(2023年度分は1/29 17:00をもって受付終了いたしました。)

お気軽にお問い合わせください。