ファッション

コスト面と基幹システムに
同期可能なエクスポート機能が
決め手になりました。

株式会社 kiminori morishita garments lab セールスマネージャー 片野 美帆 氏

導入前の課題

導入前の課題
  • 海外展示会ができない中での、海外卸先への営業
  • 国内受注と海外受注の両立
  • 手作業による集計作業でのミス
  • 手動で作成する各種帳票の手間や請求ミスがなくならない
導入後の環境
  • オンラインラインシートを使った営業活動による海外卸の実現
  • 登録するだけで、国内用、海外用の営業資料が簡単に作成でき、作業負担が軽減
  • オンラインでの受注により集計ミスの減少
  • 受注データから、分割した納品書や合算請求書の作成機能で、データ断絶がなくなりミスが減少

他社システムから乗り換えの背景

他社システムから乗り換えの背景についてお聞かせください。

他の受注管理システムを利用していましたが、8万円/月 のシステム費用がかかっていました。年に2回の展示会のみの利用。一回の展示会あたり48万円のシステム費用がかかっている計算になります。 コストに見合うシステムではない。と社内で判断されて解約を検討していた時にDEXTREを紹介していただきました。価格面でのメリットは非常に大きく実に75%のコスト削減になりました。

ですが、価格が安いことで機能性が落ちて、今まで実現できていた内容ができなければ意味がありません。無料でのトライアル期間を通じて、実際にシステムの操作をして機能面で問題ないことが確認できたのも移行に踏み切れた大きな要因です。

さらに、以前利用していたシステムでは、受注データのエクスポートの形が決められており、せっかく受注をとっても基幹システムに取り込むためにCSVデータに多くの加工を加えていました。どうしても手作業が入ってしまうため、データを移す際にミスが発生してしまい、システムを使用する必要性が乏しくなっていました。
利用していたシステムに劣らない基本機能に加え、DEXTREは基幹システムのデータに合わせて受注データや製品マスタなどを出力できる機能がついていたため利用することに決めました。

導入後の変化

まず機能面で驚いた部分があります。
製品や取引先毎に生地や生地カラー用尺など弊社が設定したい項目を自由に追加できるようになっていました。
基幹システムや生産管理で利用するデータを事前にDEXTREに登録する製品マスタに追加することができました。設定したデータは、受注のエクスポートや製品のエクスポート時に同時に出力できたり絞り込みの対象にできるため今まではオーダーを集計後、生地の集計を行うために生地毎に受注数を集める作業などをエクセルで行っていました。

DEXTREでは、生地情報など生産に纏わる情報と受注データをまとめてエクスポートできるためデータとエクセルをうまく活用することで手作業なしで短時間に生地の集計までできて生産管理へ受け渡す時間が短縮されたことでギリギリまで受注期間を引き伸ばすことができたことは、大きな価値を感じました。

乗り換えの背景の部分でもお話ししましたが、基幹システムにGENクラウドを使用しているのですがそのまま基幹システムに合わせて受注データや製品データをエクスポートすることができる機能はすごく活用しています。導入以前は発生していたデータ移行のミスが、導入後はほとんどなくなりました。

今までの業務の流れはほとんど変えることなく、今まで以上にデータ管理が適切にできるようになり、多くの作業面で時間が短縮されています。取引先様からも動画や拡大できる画像、商品説明などがまとまっていて、見やすく発注がし易かったとご好評いただいています。 個人オーダーも簡単にとれる部分も気に入っています。

DEXTREを導入しての感想

他社システムから乗り換えの背景についてお聞かせください。

最も印象的だったのは、カスタマーサポートと改善要望などのフィードバックを出した場合の迅速な対応です。 システムを変更するとわからないことも多いですが、日本人スタッフが電話やメール、時にはオンラインMTG形式でわからない部分を丁寧に教えていただけました。

私たちは、DEXTREができたばかりのタイミングで利用をスタートしました。「ここがこうなると使いやすいな」というような改善要望やフィードバックをいくつか出させていただきました。
その多くが短期間で実際に機能として実装されることも多くあり驚かされました。

DEXTREに欲しい機能や今後の展望

私たちは別の基幹システムを利用しています。
出荷倉庫に工場から商品が入庫された際に、弊社の基幹システムにアクセスしていただき入庫処理をしていただいています。 入庫の処理を受けて、納品書の作成等を弊社でおこなった上で倉庫に出荷指示を出して納品が完了する。という流れです。

これらの機能もDEXTREについたら、システムを1つに統合できるのでさらなる開発を期待しています。

08sircus (ゼロハチサーカス)
株式会社 kiminori morishita garments lab
所在地
東京都世田谷区羽根木1-21-12 羽根木IGH フォレストハウス Q棟
従業員数
非公開
事業内容
東京を拠点に、08sircus / and yellow などのコレクションブランドの企画・販売を行うアパレルメーカーです。 主に春夏・秋冬の年2回展示会を開催しています。
展示会を通じて、全国の百貨店やセレクトショップを中心に海外のバイヤーへも卸売をおこなっています。
卸以外では直営店舗やECサイトの運営をおこなっています。
オフィシャルサイト
https://08sircus.com/